renovate
Pocket

開発してるといろんなライブラリ使ったりして、それぞれのアップデートの管理するの大変ですよね。npm-check-updatesとか使えば、チェックはできますが、手動なので自動でできたら嬉しいです。

Renovateを使えば、バージョンアップがあったときに、アップデートのプルリクを自動で送ってくれます。

Renovate

いきなり悲報なんですが、5月1日からプライベートリポジトリでは有料になるそうです。パブリックだったら無料。

導入

以下のページにアクセス

https://github.com/apps/renovate

右上の「Configure」をクリック

renovate1

自分が管理者のアカウントが表示されるので、どのアカウントで使うかを選択(ここは画像省略)

次のページの下の方にどのリポジトリで使うかを選択するところがあるので、対象のリポジトリを選択。

renovate2

選択してインストールすると、そのリポジトリのページで早速「Configure Renovate」というプルリクがきています。

そのプルリクをマージしないと始まらないのでマージします。プルリクの細かい内容が知りたい人は調べたり、翻訳にかけたりしてみてください。

マージすると「renovate.json」というファイルが作られてるので、プルします。

renovate.jsonは設定ファイルで、監視の頻度を決めたりできます。

以下のように設定してみました。見ての通りですが、東京時間の金曜午前十時にチェックして、プルリクを送ってくれます。

プルリクのブランチにはプレフィックスで「deps」とつけるようにしています。

{
  "extends": ["config:base"],
  "timezone": "Asia/Tokyo",
  "schedule": ["after 10am on friday"],
  "branchPrefix": "deps/"
}

あとはその日まで待つだけ。以下のようにプルリクをくれます。

プルリクがきたら、テストとかをしてマージ。

自動で通知してくれるので便利ですね!

Pocket

Category : Tag :