海と猫
Pocket

huskyを使うとGitのコミットやプッシュのタイミングで何かを実行できます。

例えば、npm run-scriptでテストのコマンドを書いておいて、コミットやプッシュのタイミングでテストを行うとかです。

導入も使い方も簡単。

まずは以下のコマンド

yarn add --dev husky

そしてpackage.jsonのscriptsにprecommitやprepushと書いて、実行したいコマンドを書いておきます。名前でわかると思いますが、precommitはコミット前に実行したいコマンド、prepushはプッシュ前に実行したいコマンドです。

"scripts": {
  "start": "yarn xxxxxxx",
  "test": "yarn xxxxxxx",
  "precommit": "yarn test",
  "prepush": "yarn test"
},

上記のようにテストを仕込んでおくことで、テストに通らないとコミットやプッシュができないようにすることができます。

導入も簡単で便利ですね!

Pocket