アサヒビール大山崎山荘美術館テラスからの眺め
Pocket

京都にある大山崎というところに行ってきました。

名水の地として知られていて、アサヒビールやサントリーなどのビール工場があります。

場所はこちら

天王山を登る…!

「天下分け目の天王山」という言葉をよく耳にすると思いますが、その天王山が大山崎にあります。

アサヒビール大山崎山荘美術館へ行くには、天王山をちょっとだけ登らないとダメです…。

天王山入口

これがまた結構急な坂道で登るの大変でした。

そしてしばらくあるくと大山崎山荘の入口が。

大山崎山荘入口

なんかジブリっぽいですね。

このトンネルをくぐった後の道も綺麗です。

大山崎山荘の道

紅葉してたらもっと綺麗なんだろうけどなぁ。
今年は紅葉不作です。。。

ただ、緑とのグラデーションもきれいですけどね。

紅葉グラデーション

今年は今年の紅葉の楽しみ方ということで。

アサヒビール大山崎山荘美術館

トンネルからもう少し登ったところにアサヒビール大山崎山荘美術館があります。

アサヒビール大山崎山荘美術館

美術館は実業家の加賀正太郎によってデザイン・設計され、1996年に美術館として開館しました。
展示されているものの中心はアサヒビール創業者の山本為三郎のコレクションだそうです。

残念ながら中の写真を撮ることはできませんが、きれいな陶磁器などが展示されていました。

でもテラスは写真OKです!
眺め抜群!

アサヒビール大山崎山荘美術館テラスからの眺め

5500坪の庭園!

アサヒビール大山崎山荘美術館は建物だけでなく、大きな庭園もあります。

春は桜、秋は紅葉を楽しめるそうです。

庭園の写真ギャラリー

さいごに

アサヒビール大山崎山荘美術館の近くにはビール工場があって、見学もできるそうです。
この日は何か理由があってしまってましたが。。。

次回はビール飲んで、またきれいな庭園の写真を撮りに行きたいです。

Pocket